ミルボンの化粧品4 − ディーセス ヘアトリートメントTF

スポンサードリンク
前の記事で紹介した”ディーセス ヘアトリートメントSF”と同じミルボンのディーセスシリーズにあって、”ディーセス ヘアトリートメントSF”と同じように、同シリーズのシャンプーとのライン使用で人気の高いのが、この”ディーセス ヘアトリートメントTF”。

ヘアトリートメントTFはヘアトリートメントSFと比較して、香りこそ同じ青りんごのようなさわやかな香りになっていますが、さらに軽めの仕上がりになるのが特徴で、比較的軽いヘアトリートメントSFの仕上がりでも重く感じる人向けと言って良いかもしれません。

もちろん、これは仕上がりの感じ方や好みの問題というべきで、ヘアトリートメントSFと比較してさらに軽い仕上がりだからといって、トリートメントとしての本来的な効果が薄いと言う意味ではなく、髪のサラサラ感や手触りといった面での違いと捉えるのが適切。

実際に、髪が艶やかになって広がりやすいのが落ち着くようになったとか、ドライヤー後でもしっとりと手触りがなめらかになっていて、普通は時間の経過と共に髪が乾燥するのに髪に水分がしっかりと残っていることが実感できたというユーザーの声も多くなっています。

ですから、軽い仕上がりの髪を求める向きであっても、しっとり感も少し残した軽めの髪にしたいのであれば、トリートメントSFを、そして、ほんとうにサラサラの軽い髪にしたいのであれば、トリートメントTFを選ぶというのが選択基準になると言って良いでしょう。

ミルボンの化粧品3 − ディーセス ヘアトリートメントSF

スポンサードリンク
ディーセスシリーズの中でも、特にシャンプーSとのライン併用での相乗効果が高いのが、この”ディーセス ヘアトリートメントSF”。シャンプーSと合わせてトータルに水分をたっぷりと髪に閉じ込め、毛先までうるおいのあるやわらかでしなやかな髪を実現します。

通常のいわゆるトリートメントとは異なり、つけたときに髪に残るようなこってりとした感触が少なく、スッと馴染むような感覚で髪に浸透するため、ミルボン以外のトリートメントを使い慣れた人にとって、使い始めの内は少し心もとない印象を受けるかもしれません。

しかし、実はそれこそがこのヘアトリートメントSFの特徴で、特にロングヘアで毎回のトリートメントに大変なおもいをしている人にとっては、髪全体に伸ばしやすい質感になっているということ自体、使いやすさの面において大いに重宝するポイントと言えますよね。

そして使った後も、その質感から分かるように頭皮に余分な油を残さないため、”しっとり”というよりは”さっぱり”という形容が適切で、髪を乾かした後は、青りんごのようなさわやかな香りと相まって、うるおっているのに”さらさら”感を楽しめるのが最大の魅力。

しっとりとした感触が好きな人には物足りない感じを与えるかもしれませんが、髪を洗った翌朝でもきれいに髪がまとまっていることや、毛先が絡まったりすることもないという評価も高く、”軽くつややか”な髪を求める人にはおすすめの一品と言うことができるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。